先日7月12日に実施しました首都圏地区学習会には、全国から多くの方にご出席いただきありがとうございました。当日、会館では密を避けての出席者上限10名とし、リモートでは19名(13拠点)の合計29名の出席がありました。特に近畿地区では同日計画していた地区学習会を、今回の学習会にリモートにて合流いただきました。初のリモート学習会でしたので、Zoom会議に慣れない部分もあり、十分な討議はできたとは必ずしも言えませんが、これも課題として捉え、次回以降の学習会をもっと充実する研修となるように努めていきたいと思います。

講師:小川常務

当日の講師、小川常務から、

滝行の”介添え”役で人の為に働くと、自分の為だけよりも氣とエネルギーを出せるという体験や、その”氣”を高めるには、一日の中で最も気が満ちている朝4時から6時の間に目を覚まし、早寝早起きの生活を続けること。そして、大事なことは、今のコロナ架の時代、心の中までマイナス思考を感染させないこと。自身の気を高めることで心の感染防止につながること。この時期だからこそチャンスと捉えるプラス思考で、コロナ架の時代を生き抜くことなどの心構えを教えていただきました。

来月は8/9(日)に、引き続き首都圏地区学習会として会場参加&リモート参加の研修を実施します。奮ってご参加ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください