2022年3月13日(日)、今年度最後の「マスターズ研修 オンライン学習会」を開催しました。参加者は22名、スコーレ協会から永池本部長を講師にお招きし、生き方の基本から『知的生活を心がける』をテーマに、講話をいただきました。
 講話の要旨は下記のとおりです。


 永池会長は「くさい人=自分の専門に凝り固まった人」とは付き合わないと言われていた。学ぶ事を忘れずに向上しようとする人が良いとも言われていた。
 知的成長を遂げるために大事な事が2点ある。
 一つは、「自分の人生と真摯な対話を心がける事」
それは自分の生きている環境と仲良くする事が要諦である。ただ全て合わせるだけでは疲れてしまい耐えられなくなる。相手に働きかけて変えていく事も必要である。即ち、合わせる営みと変えていく営みのバランスが肝要である。
 二つ目は「心の柔軟さを保つ事」
人は成功体験が多くなれば「くさい人」に成りがちである。知的成長の為には「素直さ」が必要である。原理・原則に真摯に向き合いみずみずしい好奇心と感性を保つ事が大事である。
 いつも自分の感性を高める生き方をして行く事が望ましい。

      執筆担当 今野 洋一

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください