8/9(日)の学習会は、「心の免疫力を鍛える」というテーマで小俣富雄常務理事に講師を務めていただきました。当日は、会場には5名、全国から19名のリモートによる参加があり、合計24名が集い、充実した時間を過ごすことができました。今回は2回目のリモート開催となり、7月開催の前回よりスムーズに研修を進められたかと思います。9月も引き続き実施しますので、皆さん奮ってご参加ください。

当日の小俣常務の講話では、会長のご著書「豊水詩集2」から”心を鍛える”(社会編p96)を取り上げていただき、コロナ禍の今、心の持ちようを教えていただきました。

・心を鍛えるには、呼吸を整え、深い呼吸を身につけること。

・心を鍛えるには、共感力を豊かに、プラス思考の感性を育てること。

・心を鍛えるには、前向きの言葉を心がけ、やる気を引き起こすこと。

・心を鍛えるには、何ことにも工夫し、生きる習慣を身につける。小さな成功体験を積みかさね、危機に動じない強さにつながる。

・心を鍛えるには、行動力を鍛え、気づき即行の習慣をつける。自信と勇気が育つ。

当日はそれぞれの鍛え方について、具体的な行動についてや、心構えを解説していただき、勇気をいただきました。

以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください